プレリアップ スカルプシャンプー

プレリアップ スカルプシャンプー

育毛剤の「リアップ」という商品名はCMでよく耳にしますね。
CMでの髪が頭皮から力強く生えてくる印象が強く残ります。

製薬会社が出している「リアップシリーズ」は、壮年性脱毛症に対する効果が認められた医薬品として発売されています。
今回紹介するのは、そのリアップの関連製品である、プレリアップシリーズのうちの「プレリアップカルプシャンプー」。

育毛剤の効果を引き立たせるには、髪や頭皮のコンディションを整えることが重要であることから、プレリアップシリーズの製品が登場したようですね。

本当に育毛の手助けとなるのか、気になるので、プレリアップスカルプシャンプーの成分や効果、より効果的な使い方について調査しました。

プレリアップスカルプシャンプーの詳細

成分 有効成分
・ピロクトンオラミン

洗浄成分
・N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウム・POEラウリルエーテル・アルキルグリコシド・ジグリコールエチルエーテル・ジステアリン酸グリコール・トリイソステアリン酸POEソルビタン・ナフタレンスルホン酸ナトリウム・ヤシ油脂肪酸N-メチルエタノールアミド・ヤシ油脂肪酸エタノールアミド・ラウリン酸アミドプロピルベタイン液・ラウレス硫酸ナトリウム

保湿成分
・BG・PG・イラクサエキス-1・カモミラエキス-1・シラカバエキス・スギナエキス・セージエキス・フキタンポポエキス・ホホバアルコール・マロニエエキス・メリッサエキス・ローズマリーエキス・海藻エキス-1

コンディショニング剤
・N.N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸ジエチル硫酸塩・N.N-ジメチルアクリルアミド・ジメタクリル酸ポリエチレングリコール共重合体/PEG混合物

その他の成分
・メントール・エタノール ・安息香酸ナトリウム・塩化ナトリウム・水酸化ナトリウム・水・香料・クエン酸・パラベン

通常価格 400mL/1,800円(税別)
発売元大正製薬株式会社

販売元である大正製薬は、リポビタンDといったドリンク剤、パブロンや大正漢方胃腸薬といった薬局で買えるお薬などを製造販売していて、CMや薬局でよく見かける商品を作っている製薬会社。

創業は1912年、100年以上続いている歴史のある企業。
また、処方箋が必要な医療用医薬品の製造販売も行っていて、健康をサポートするために熱心に活動している企業という印象ですね。

プレリアップ スカルプシャンプーの成分・効果・副作用

プレリアップスカルプシャンプーには有効成分という記載がありますが、これが医薬部外品に指定されているものの特徴です。
一般的には、医薬部外品というより、薬用シャンプーという言葉のほうが、なじみがあるかもしれません。

医薬部外品は効能が定義されていて、その効能に関する有効成分が必ず表示されています。
医薬部外品は、身体への影響が強くないことが条件となっています。ただ、薬事法で承認されている有効成分が配合されているということで、信頼度が高いといえるでしょう。

有効成分以外を見てみますと、洗浄成分、保湿成分、コンディショニング剤、香料が、直接的に髪への影響を感じる部分でしょう。
その他にシャンプーの形状を保つために必要な品質保持剤(乳化安定剤、増粘剤、酸化防止剤、pH調整剤)が含まれています。

ここで1点注意ですが、医薬部外品は、全成分が記載されるように義務づけられているものの、記載順には決まりがなく、ここではアイウエオ順に記載されています。
多く含まれている成分がどれなのかは分かりません。

髪や頭皮に関わる、有効成分、洗浄成分、保湿成分、コンディショニング剤、香りについて、見ていきます。

ピロクトンオラミン(有効成分)

環状のヒドロキサム酸誘導体であるピロクトンとエタノールアミンから形成される塩の事。
フケやかゆみを防ぐ、抗菌・殺菌作用から頭皮の環境を整えて、育毛につなげる成分です。

ピロクトンオラミンは、脂っぽい頭皮で抜け毛につながっている方には、効果があるといえるでしょう。
この成分は少ない量で化粧品の防腐剤として使われている場合もあり、抗菌効果があります。

そのため、乾燥肌やフケの悩みのない方には、殺菌効果が強く出て、頭皮を痛める可能性もあります。

ちなみに、関連製品のリアップ製品は、発毛効果が認められている「ミノキシジル」という成分が入っています。

プレリアップスカルプシャンプーには入っていませんので、育毛剤・発毛剤ではなく、育毛・発毛しやすい頭皮環境にすることが目的だからですね。

洗浄成分

界面活性剤は、水と油を混ざりやすくして、油汚れを落とす洗浄力を発揮します。石鹸、洗顔料、シャンプーに含まれている主となる成分です。
最近注目されているのが、アミノ酸系シャンプーと呼ばれるもので、洗浄成分となる界面活性剤がアミノ酸系である商品です。

アミノ酸は、たんぱく質を構成している元となっているもので、本来身体にあるものなので、身体に対する刺激が少ないと言えます。
アミノ酸系の成分は、他の界面活性剤と比較すると、洗浄力が弱いのがデメリットなのですが、頭皮の皮脂をとりすぎません。

髪が育ちやすいのは、皮脂が多すぎず、少なすぎずの環境です。
アミノ酸系シャンプーがスカルプケアに適していることは明らかです。

この商品も、アミノ酸系の界面活性剤が使われています。
ただ注意なのはアミノ酸系だけではなく、その他のしっかり洗い流す界面活性剤が含まれていること。
アミノ酸だけのシャンプーより明らかに頭皮に対する刺激が強いですね。

アミノ酸系の界面活性剤は、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウムですね。

この製品は洗浄力が高い、刺激性が強い成分が含まれています。

アミノ酸系のシャンプーはかなり値段が上がるので、価格の問題もあるのでしょうね。
洗浄成分を見た限りでは、頭皮環境を悪くしてしまう可能性も秘めてそうなので、注意が必要です。

保湿成分

肌もそうですが、頭皮もある程度の水分が保っている状態が必要。
シャンプーを使うことで、皮脂を取り水分が少なくなると、頭皮が乾燥してしまうので、保湿剤は重要です。

BG、PG

BGは1,3-ブチレングリコールの略称で、PGはプロピレングリコールの略称です。
いずれも水性保湿剤に分類され、水分を吸収して、乾燥から肌を守ります。
乾燥から守る化粧品にもよく配合されているものです。

海藻エキス-1

わかめが髪にいいというのはどなたでも知っているかと思います。海藻がなぜ髪にいいのかというと、フコダインという成分が海藻にあり、フコダインが保湿力を持っています。
海藻エキス-1とは、完熟メカブエキスのことです。保湿力が高く、頭皮が乾燥しないように働きます。

植物エキス

化粧品などの成分の多くは、植物から得ています。昔からの知恵が今でも受け継がれているという、長く使われ続けている成分も多くあります。現在でも植物由来と言われると、安心感があり、売れるのでしょう。研究もさかんに行われています。

この商品で使われている植物エキスは、イラクサエキス-1、カモミラエキス-1、シラカバエキス、スギナエキス、セージエキス、フキタンポポエキス、マロニエエキス、メリッサエキス、ローズマリーエキスの9種類です。

中でも育毛、フケやかゆみを予防する目的のシャンプーによく含まれているのは、イラクサエキス-1、メリッサエキス。
ブドウエキスやニンニクエキスは、血行促進効果があり、スカルプケア製品に使われることがありますが、本商品には入っていません。

植物エキスはそれぞれ効果が違いますが、主な保湿作用の他に、収れん、抗菌、血行促進といった作用があるようです。
それぞれの植物エキス自体は含有量がかなり少ないと考えられるので、肌への影響もあまりないかと思いますが、アレルギーが分かっている人は、成分を確認してください。

  • イラクサエキス-1:収れん(毛穴を引き締める)、発赤(血管を広げて血流を良くする)
  • カモミラエキス-1:保湿
  • シラカバエキス:保湿、収れん、抗菌、血行促進
  • スギナエキス:保湿、収れん
  • セージエキス:血行促進、抗菌
  • フキタンポポエキス:保湿、収れん、皮膚活性
  • マロニエエキス:収れん
  • メリッサエキス:収れん、鎮静
  • ローズマリーエキス:抗菌、抗酸化

ホホバアルコール

ホホバの種からとった油を還元して出来たアルコールです。
ホホバアルコールには、ワックスエステルが含まれていて、これは人の皮脂にも入っています。

肌のバリア機能を高めて、肌の潤いを保ちます。
また、粘りを増やす成分(増粘剤)としても使われています。

コンディショニング剤

髪を洗った後に、きしむ感じが残らないようになめらかな髪に仕上げるための成分です。

N.N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸ジエチル硫酸塩・N.N-ジメチルアクリルアミド・ジメタクリル酸ポリエチレングリコール共重合体/PEG混合物がそれにあたります。

ある程度、髪のきしみは改善されるかもしれませんが、使う人によって差があるでしょう。

香り

この製品には香りが付いています。シトラスミントの香りですね。

その他の成分

メントール、エタノールが含まれていて、清涼感のあるシャンプーです。
洗髪後のスカッとした心地よさがあると思いますが、この清涼感は育毛に必要かというと、他の成分のほうが重要。

血行促進の効果があるものの、強い清涼感を求めて多めに使用したり、使用継続することで頭皮にダメージを与える可能性があります。
アルコール系の成分にかぶれが起きる敏感肌の方には、当然良くないですし、メントール好きという方は、使い過ぎには気を付けたほうがいいかもしれません。

アミノ酸の洗浄成分と複数の植物エキスが含まれていることは、好感度が高いです。
純粋なアミノ酸系シャンプーではないので、皮脂が落ちて頭皮が乾燥してしまう可能性はあると思います。保湿剤が含まれているので、頭皮が乾燥しすぎないように設計されているとは思います。

フケやかゆみが強いと日々実感している人が使うには問題ない商品だと思います。フケやかゆみの改善によって抜け毛が減る実感があるかどうかですが、生活スタイルなどもそれぞれ違うので個人差があるでしょう。かゆみが強くてお悩みの方は試してみていいのではと思います。

プレリアップ スカルプシャンプーの効果はいかに?口コミやレビューを紹介

少しでも興味がある方には、口コミやレビューはとても気になりますね。
特にこの商品、シャンプーとしては少しお高めです。店頭ではあまり安くならないようですが、ネットですと安く買えることもあるようなので、チェックしてください。

楽天やAmazonの口コミをチェックしてみました。
全体的に高評価です。

商品の使用感については、

  • 「泡立ちがよい」
  • 「洗いあがりがスッキリする」
  • 「爽快感がある」

といった意見が多くありました。

シャンプーの効果を実感した方は、

  • 「フケが少なくなった」
  • 「かゆみがなくなる」
  • 「脂分が抜ける」
  • 「ボリュームが増した」
  • 「育毛剤が少なくて済む」
  • 「髪がしっかり立ち上がる」
  • 「抜け毛が減った気がする」

といった口コミをされていました。

頭皮環境の改善がみられているようですね。また洗浄力もしっかり備わっているようです。

一方で、髪質や頭皮の状態に合わない方もいるようで、

  • 「洗いあがりがパサつく」
  • 「薬用といっても効果なし」
  • 「抜ける」
  • 「コンディショナーが必要なほど髪がきしむ」

といった感想もありました。
この方たちは、プレリアップの洗浄力が強すぎるようですね。

爽快感があるという感想が多かったのですが、頭がスースーして冬には向かないという意見も。
成分の項でも書きましたが、ひんやりとした清涼感が苦手な方は気を付けたほうがいいでしょう。

育毛に関連する製品は他にもありますが、他の製品と比較するとどうなのでしょうか?
口コミの中には、「サクセスを選びました」という意見がありました。

サクセスのシャンプーの成分を見ますと、プレリアップよりも洗浄成分が強力なものが使われている印象。
脂っぽい頭皮を実感している方には、プレリアップよりも、皮脂を取り除く力の強いサクセスのほうが洗いあがりはさっぱりする可能性はあります。

ただ、プレリアップの洗浄力についてあまり不満を持った意見はありませんでしたね。成分を見た限りでも洗浄成分が強いと思います。

効果がないという意見はありましたが、明らかに頭皮が乾燥しているという意見もないので、洗浄成分で見ていた頭皮環境への懸念はあまり心配ないかもしれません。

メーカーの信頼感もあるのかもしれませんが、安心して使えるシャンプーですね。
育毛効果ではなく、頭皮環境を整えることが目的であることを十分理解して購入してください。

プレリアップ スカルプシャンプーの使い方

まず、毎日どのようにシャンプーしていますか?
この商品に限らずですが、正しい髪の洗い方も大切なので、すでにやっているよという方も復習する意味で確認してください。

  1. ぬるま湯で頭皮と髪についている汚れを落とす
  2. シャンプーを手の平にとって、よく泡立てる
  3. 頭皮をマッサージするように、洗髪する
  4. シャンプーが残らないように洗い流す

この商品は泡立ちがよいので、2の工程はやっていただいたほうがいいかと思います。
泡にしてから頭に付けたほうが、頭皮のすみずみまでシャンプーが届きます。

清潔なほうがいいという思い込みで、シャンプーを1日に何度もするのは、頭皮には優しい行為ではありません。

ある程度皮脂が残っていないと、肌のバリアがなくなり、頭皮が乾燥しすぎてしますので、シャンプーは夜の1回にとどめるのがいいでしょう。

シャンプーを使った後髪がきしむという意見もありましたが、コンディショナーを使えば髪のきしみは改善されるので、髪のきしみ問題はある程度改善できるでしょう。

メーカーの説明によると、「プレリアップスカルプシャンプー、プレリアップヘアコンディショナーで洗髪、リンスしたのち、リアップシリーズをご使用になると効果的です。」とあります。

リアップシリーズを使っていて、育毛効果がいまいちと感じている方には、プレリアップ製品を併せると育毛効果が上がる可能性がありますが、あくまでフケやかゆみを強く感じているかどうかを確認してから、この商品を使ってください。

プレリアップ スカルプシャンプーの最終評価

プレリアップスカルシャンプーは、フケやかゆみを防ぎ、頭皮環境を整える薬用シャンプーというメーカーの説明書き通りのシャンプーです。

アミノ酸系の洗浄成分と複数の植物エキスが入っていることは魅力的。
ただ、その他の成分は刺激性の強いものもあり、値段に合わせた成分設計なのかなという印象です。

育毛剤ではないことをしっかり認識して、最近、フケやかゆみが多いなぁと感じている方には、一度試してみてもいいかな。

育毛剤の効果がいまいちと感じていて、プレリアップ製品を追加するケースも多いかと思いますが、フケやかゆみを防ぐことがこの商品の主目的なので、現在の頭皮状態を自身で確認してから使用してください。

薬用シャンプーという言葉を見ると、とても体を考えたシャンプーという印象を受けますが、成分を見た限りでは、刺激が少し強い印象です。

アミノ酸系の洗浄成分が含まれていることが商品説明にもありますが、実際にはアミノ酸系の界面活性剤以外の洗浄成分のほうが多そう。
敏感肌の方は十分に気を付けてください。

脂っぽくてフケやかゆみを感じている方は、試してみていいと思います。
そして、しつこいですが、育毛効果ではなく、頭皮環境を整えることが目的のシャンプーですので、間違えないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。