ロゲイン。リアップの代替としてオススメの商品です

ロゲインは、ジョンソンエンドジョンソン傘下の企業が販売しているミノキシジル外用剤。

ジョンソンエンドジョンソンは、オーラルケア商品のリステリン・コンタクトレンズのアキュビューシリーズでも有名です。

ロゲインと同じくミノキシジルを5%配合している発毛剤は、スカルプDメディカルミノキ5リアップX5などがあります。

ロゲインは、スカルプDやリアップに比べると、かなり安価な育毛剤。

気軽に使える一方、成分や効果・副作用が気になるところです。

ロゲインの中身や評価について、詳しくお伝えします!

結論から言うと、リアップの代替として優秀で、継続しやすい商品です。
 
高い発毛効果を期待するなら、ミノキシジル以外の育毛成分が入っている「フォリックス」の利用を検討してください。
ロゲインの詳細はこちら
(オオサカ堂に移動します)

ロゲインに含まれる成分

成分ミノキシジル5%・アルコール・プロピレングリコール・精製水
販売元McNEIL(マクニール)社

薬効成分はミノキシジルのみ。

アルコール・プロピレングリコールは、成分を溶かす補助や使用感の改善のために配合されています。

少し気になるのは、保湿などを目的として配合されている添加物のプロピレングリコール。

こちらは世界中で長く使われている添加物で特に危険というわけではないのですが、まれに痒みや炎症の原因となることがあります。

そのため代わりの添加物を使用している商品も多く、フォリックスシリーズでも、「1,3-プロパンジオール」を使っています。

問題ない方が大半ですが、敏感肌の人は注意しましょう。

成分の数が少ないですが、本当に効きますか?

大切な成分であるミノキシジルはしっかり5%入っているので、問題ありません。
ミノキシジルについて、簡単に解説します。

ミノキシジル

大正製薬の発毛剤である、リアップの主成分も同じミノキシジル。

リアップの中でも、リアップX5が、ロゲインと同じミノキシジル5%が配合されている商品です。

ミノキシジルは高血圧の薬として研究されていましたが、副作用に多毛が見られたため発毛剤として再開発されました。
ミノキシジルの効果
  • 発毛に関する細胞を増やし、新しい毛が生えるのを助ける
  • タンパク質合成を促進し、若い毛が育つのを助ける

ミノキシジルを使用することで、新しい毛が生えることを促し、AGAにより毛量が減った状態を改善させることができます。

リアップX5にはミノキシジルのほか、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) ・トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)が入っています。
ですが、微々たる量であまり意味はないでしょう。

つまり、リアップX5とロゲインは、成分的にほとんど同じ内容と考えて差し支えありません。

マクニール社はアメリカ最大手の一般用医薬品メーカー

販売元であるマクニール・コンシューマー・ヘルスケア・カンパニーは、日本でも有名な企業であるジョンソンエンドジョンソン(J&J)の子会社です。

マクニール社は日本ではあまり聞きなれない名前ですが、アメリカの一般用医薬品(市販薬)を扱うメーカーの中で、最大手と呼べる企業。

ロゲインはミノキシジルを配合した発毛剤として最初に販売された商品であり、元はファイザーという製薬会社が製造販売していました。
それをマクニール社に売却し、今に至ります。

つまり、リアップよりもずっと歴史のある商品であり、長く使用されたもの。

アメリカの大手メーカーが作っていて歴史のある商品なら、信頼できそうですね。

そうですね、信頼性はバツグンです。
安価ではありますが、リアップX5と同じ効果が期待できます。

ロゲインの使い方。朝晩コツコツ続けることが大切

ロゲインはどうやって使うのがオススメですか?

1日2回、朝と晩に塗ってください。
ベタベタしにくいのでお出かけ前にも使いやすいですよ。
ポイント
約半日経つと、ミノキシジルの効果がなくなってしまいます。
常に髪に良い影響を与えるために、朝晩忘れずに継続してください。

併せて、変化があまりなくても最低でも4か月は継続するようにしてください。
AGA治療は、すぐには効果が出ないのが普通です。

ロゲインなどミノキシジル外用剤を使い始めると、新しい毛の成長が促されることにより、古く弱い毛が押し出されて脱毛が起きます。

これを初期脱毛と呼ぶのですが、副作用ではなく1か月程度でおさまります。

驚いて使用をやめないようにしてください。

初期脱毛が終わってから少しずつ新しい毛が成長を始めるので、早くても産毛の成長を感じるのは使用開始から3か月後くらい。

ほとんど発毛が見られなくても、最低でも4か月は使用を続けて様子を見てください。

4か月続けても脱毛量が変わらない、もしくは増えているようであれば、DHT(ジヒドロテストステロン)の影響が大きく、発毛が追い付いていない可能性があります。

出来るだけプロペシアなど、フィナステリド製剤も服用するようにしましょう。

ロゲインの副作用。ほぼ心配ありません

ロゲインを使って副作用は出ますか?

現れる可能性があるのは、痒みやかぶれ・赤みなど。
ミノキシジル濃度が高いほど出やすくなるので、ミノキシジルが少ない商品から切り替える方は注意してください。

ロゲインの主成分であるミノキシジルは、血行を良くすることにより、発毛を促す成分です。

血行が良くなると痒みなど皮膚症状が出ることがあります。
ですが、頻度はそれほど高くなく、出ても徐々に気にならなくなる方が多いです。

元が高血圧の薬なので、理論上血圧低下・胸痛・動悸などが出る可能性はあります。

ですが、外用剤のため副作用が出ることはほとんどありません。

アレルギーの可能性もあるため、痒みや赤みなど皮膚症状が強い場合や長く続くときには使用を中止して、皮膚科を受診するようにしてください。

ロゲインの通販。Amazonで取り扱いしていない

ロゲインはドラッグストアなど薬店では販売されておらず、ネット通販のみで購入可能な商品です。

ネット通販といってもAmazon・楽天市場などでは取り扱いがなく、オオサカ堂など個人輸入の代行サイトでのみ購入できます。

アマゾンや楽天にほかの育毛剤はたくさん売っているのにロゲインがないのは、日本国内で未承認の医薬品だから。

Amazonでも販売されている育毛剤のリアップX5は、第一類医薬品として承認を受けています。

ただし個人輸入は、使用・購入に関して自己責任となるので、注意してください。

個人輸入と聞くと危なそうなイメージですが、4週間に1本まで(8週間以内に2本まとめ買いもOK)という購入ルールを守れば問題ありません。

【最終評価】ロゲインはコスパ優秀の発毛剤

ロゲインとは?
  1. ミノキシジル外用剤の中で、最も歴史のある商品
  2. 薬効成分はミノキシジル5%のみとシンプル
  3. 添加物の違いが気にならないなら、リアップX5と同じように使えて安価

AmazonでリアップX5を購入すると、1本6,458円。

オオサカ堂でロゲインを購入すると、2本で5485円となり、1本あたり約2750円ですので、倍以上の価格差です。

コスパ面で考えるとロゲインは素晴らしいですし、AGA治療は髪をあきらめない限り続くので価格の安さはとても大切。

ただ、添加物がリアップと違うことには注意が必要です。
成分のところでお話した、プロピレングリコールのことですね。

ミノキシジル単体商品として優秀で、安く継続しやすい商品のロゲイン。

現在、リアップを使っているなら、ロゲインは代替としてオススメです。

高い発毛効果を期待するなら、ミノキシジル以外の育毛成分が入っている「フォリックス」の利用を検討してください。
ロゲインの詳細はこちら
(オオサカ堂に移動します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。