ウーマフリード 薬用 頭皮 育毛トニック

薬用ウーマフリード

2016年9月よりウーマフリードは、それまで化粧品であったスカルプローションから医薬部外品のスカルプトニックへと進化を遂げました。

医薬部外品になるには厚生労働省の承認を受けることが必要になります。

それは薬用として成分と副作用の面から有効性と安全性が評価されないと承認されません。つまり育毛剤としての信頼性が必須となります。

また化粧品のときより成分表示が厳しくチェックされ、医薬部外品としての表示へと変化します。

このような条件下で進化を遂げたウーマフリード。

  • 医薬部外品としてどのように変わったか
  • 薬用育毛剤の中でどれだけ信頼性の高いものになったか

上記について成分を中心に解説します!

 

医薬部外品について

わが国で医薬部外品を市場へ業として出荷(製造販売)することは、医薬品、医療機器 等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)で規制されており、規制当局(厚生労働省及び各都道府県)の許可・承認を得ないとおこなうことはできません。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構より

ウーマフリードの詳細

成分有効成分
グリチルリチン酸ジカリウム、センブリ抽出リキッドその他の成分
その他の成分:精製水、1,3-ブチレングリコール、タウリン、塩酸リジン、L-グルタミン酸、グリシン、L-ロイシン、L-ヒスチ ジン塩酸塩、L-セリン、L-バリン、L-アスパラギン酸ナトリウ ム、L-スレオニン、DL-アラニン、L-イソロイシン、アラントイン、L-フェニルアラニン、L-アルギニン、L-プロリン、L-チロ シン、5’-イノシン酸ニナトリウム、5’-グアニル酸ニナトリウム、L-シスチン、L-メチオニン、L-トリプトファン、ポリオキ シエチレンフィトステロール、馬油、ツバキ油、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、クエ ン酸、クエン酸ナトリウム、カワラヨモギエキス、チョウジエキ ス、乳酸ナトリウム液、L-ピロリドンカルボン酸、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-アスパラギン酸、水酸化ナトリウム、L-アラニン、L-ヒスチジン、海水乾燥物、海藻エキス (1)、 ローヤルゼリーエキス、アロエエキス (2)、ダイズエキス、コメヌカエキス、ヨモギエキス、ウメ果実エキス、チンピエキス、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸ソルビタン (2OE.O.)、ユーカリ油
通常価格150ml(1ヶ月分) 11,800円(税込)
発売元株式会社 ZEROPLUS

医薬部外品へと進化したウーマフリードは薬用育毛剤としての働きをパワーアップさせるためにセンブリエキスから海水乾燥物、海藻エキスへと成分を変更しています。

これによりウーマフリードは馬油の特性をさらに活かせるようになっているのかなと。

薬用育毛剤ウーマフリードの成分を解説

ウーマフリードは化粧品のスカルプローションから医薬部外品のスカルプリキッドへ変わりました。

これにより医薬部外品としての有効成分とその他の成分がすべて表示されるようになりました。

ウーマフリードの有効成分は、グリチルリチン酸ジカリウムとセンブリ抽出リキッドです。

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸は漢方薬として使用されている甘草に含まれる成分の1つ。グリチルリチン酸ジカリウムは、グリチルリチン酸とカリウムが化合した物質となります。

現在、多くの育毛剤に使用されおり頭皮のかぶれや湿疹などに効果があると言われています。それはグリチルリチン酸ジカリウムの抗炎症作用によるものだと考えられています。

参考:ニキビケアに有効な成分「グリチルリチン酸」

グリチルリチン酸ジカリウムが含まれている商品で有名なのが、花王のメリットシリーズです。

頭皮のかぶれや湿疹を抑える効果があり、またセンブリ抽出リキッドは頭皮の炎症を抑えて血行促進をする効果が期待できます。

センブリ抽出リキッド

センブリは3大民間薬の1つ。
3大民間薬は「センブリ」「ドクダミ」「ゲンノショウコ」になります。

またセンブリは日本薬局方の苦味チンキとセンブリ末の原料になっています。
このセンブリを抽出したのがセンブリ抽出リキッドです。

育毛の効果があると言われ、育毛剤の成分として多く使用されており、効果は抗炎症作用と血行促進作用になります。

その他には胃腸障害改善、抗酸化作用、腹痛や下痢の改善などの効果があると言われています。

馬油

馬油はウーマのラインナップのすべてに含まれる成分。そして10年のキャリアをウーマは持っています。

馬油は約4000年前の中国で騎馬民族が使用していたと言われています。日本には約400年前に中国の僧侶によって伝えられたそう。

そのころから馬油は民間療法として火傷や傷の治療に使われ、日本では薬師堂の「ソバーユ」が有名です。

馬油は馬でありながら植物性で質の良い高度飽和脂肪酸を多く含んでいます。

この高度不飽和脂肪酸が人間の皮脂構造に近いところから、頭皮に馬油が浸透しやすいんですね。

つまり、グリチルリチン酸ジカリウム、センブリ抽出リキッドの有効成分が馬油の力により皮脂の奥まで浸透することでしっかりと育毛効果を発揮するという事。

保湿効果もあると言われ、頭皮の血行を改善することで毛髪に栄養を届けます。

高度飽和脂肪酸には抗酸化作用、消炎作用、殺菌作用、保湿作用、血流改善作用があります。

高度飽和脂肪酸は人間の体の中では作り出せない必須脂肪酸であり、リノール酸のα-リノール酸が多く含まれています。

参考:Studies on the composition of horse oil. II. The component fatty acids of lipids from fatty tissues, muscle and liver.(英語)

またウーマフリードの成分には、頭皮へダメージを与えると言われているアルコール成分が含まれていません。
これは育毛剤として男性だけではなく女性にも安心して使用できる特性になります。

その他にも紫外線吸収剤、石油系活性剤、防腐剤、合成色素、鉱物油、殺菌剤、香科が含まれていません。
育毛剤の中でもっとも優しく頭皮環境を整えることができる8つのフリー効果を持っている事になります。

さらに10種類の天然エキスが含まれ、これが頭皮の保湿効果や血行改善をトリプルアップへと導くと言われています。

血行改善された頭皮から毛髪の原料となるアミノ酸27個を補給させる効果も期待できそうですね。

ウーマフリードの効果効能および使用方法

効果

育毛・養毛・薄毛・発毛促進・毛生促進・脱毛の予防・ 病後、産後の脱毛・ふけ・かゆみ

使用方法

朝晩1日2回の使用 頭皮に散布した後はマッサージをしましょう
整髪後の清潔な頭皮に使用しましょう

薬用育毛剤ウーマフリードは医薬部外品です。医薬部外品は、医薬品ほどの効果が期待できず医薬品のような副作用がないことを条件に厚労省が承認しています。

したがって薬用育毛剤ウーマフリードは、高い安全性から薄毛の予防が期待できる育毛剤となります。

薄毛治療に対する科学的な側面から簡単に説明します。

一般的に皮膚から有効成分が浸透できる大きさは分子量が500以下と言われています。この500以下の成分は、おそらく医薬品扱いになるはずです。

つまり薬用育毛剤ウーマフリードの効果は、頭皮を馬油の油で覆いその中に含まれる有効成分やその他成分で、頭皮に軽い刺激を与えることで育毛していると言えますね。

参考:経皮吸収されやすい主薬の特性

ウーマフリードの副作用

過敏症反応が出る可能性

馬油は赤ちゃんから大人まで安心して使用できると言われています。
また食べることもできます。

しかし100%安全とは言えないため、過敏症反応などが発現する可能性もあります。

高ナトリウム血症や低カリウム血症を発症する可能性

グリチルリチン酸ジカリウムを過量に投与すると高ナトリウム血症や低カリウム血症を発症することがまれにあります。これは偽アルドステロン症によるもの。

育毛剤のような少量ではこのような副作用は発生しないはずで、現在まで育毛剤に含まれているグリチルリチン酸ジカリウムで副作用の報告はありません。

しかし、個人によっては過敏症反応などの症状が発生することも考えられます。

薬用ウーマフリードの口コミ・評価

ウーマフリードの口コミ情報では、ゆっくりと育毛効果を体感しているとの声が多いようです。

それはウーマフリードの有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムとセンブリ抽出リキッド、それと馬油の特性が頭髪環境を整え毛髪にハリとコシを与えていることに繋がります。

この証拠にウーマフリードを途中でやめてしまうと毛髪のハリとコシがなくなるとの口コミ情報が裏付けています。

またウーマフリードを使い始めたばかりの方からは効果がないと言われています。これは薬用育毛剤としての使命である薄毛の予防と安全性の高さから生まれるもの。

医師が処方する医薬品ではありませんので、長期間使用することにより効果が実感できる育毛剤になっています。

あと、男性でも女性でも使用できるのがいいですね。

頭皮環境が整えば、しっかりと育毛環境も整えられるはずと考えて作られていますので、まずはじっくりと頭皮環境を整えましょう。

頭皮に散布した後、顔にスカルプトニックが垂れてくるという口コミがありました。これは1回の使用量が多いケースとも捕らえられます。

たくさん散布すれば効果があるわけではありません。適量を散布することでじっくりと効果を期待しましょう。

ウーマフリードを公式サイト・Amazon・楽天で比較

ウーマフリードは通販の販売のみ。
公式サイト、Amazon、楽天などから購入できます。

どのサイトで購入するのが一番いいでしょうか。
調べてみました。

公式サイトAmazon楽天
価格定期コース:初回6,450円
2回目以降:8,300円
定価11,800円定期コース:初回6,450円
2回目以降8,300円
返金制度60日間なしなし
お客さまサポート専門家が対応取り扱いなし
販売元へ
取り扱いなし
販売元へ
代引手数料無料324円無料
クレジット手数料無料無料無料
NP払い手数料無料無料無料

金額・コスパを考えると、公式サイトか楽天で購入するのがお得。
ただ楽天には返金制度がありませんので、初回に限っては公式サイトから購入するのがいいですね。

育毛剤なので相性もありますし、お客様サポートも専門家が対応してくれますので。

ウーマフリードの最終評価

今までの成分分析を合わせて検証すると、薬用育毛剤ウーマフリードは薄毛が始まったばかりの方にオススメかなと。

なぜなら、この時期の頭皮にはまだ改善する余地があるからです。
病気で言えば初期症状の段階。

毛母細胞が残っていれば、何とか毛髪が生き残れる可能性があります。
毛母細胞が休止期のものが残っている可能性も考えられます。

薄毛の初期段階で大きな効果は期待せず、長くゆっくり育てるのが大事。

頭髪がまだ全体的に残っていてテカテカになる前までの人は、諦めずに一度試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。