フォリックスFR12。フォリックスの中で一番オススメ出来る商品です

ミノキシジルとフィナステリドが配合されたフォリックスFR12

AGA治療の軸となるのは、プロペシアなどフィナステリド製剤と、リアップやスカルプDミノキなどミノキシジル製剤です。

ミノキシジルの外用剤は、濃度が高いほど効果があるとわかっているんですが、国内で販売されているミノキシジル外用剤の濃度は5%が最高。

一方、個人輸入で購入可能な商品には、それ以上の濃度が存在します。

今回、ミノキシジル濃度12%、そしてプロペシアの主成分であるフィナステリドも配合しているフォリックスFR12について、詳しく調べました!

結論から言うと、フォリックスFR12は手軽にミノキシジルとフィナステリドの効果を得られるので、オススメ出来る発毛剤であることがわかりました。
フォリックスFR12の詳細はこちら
(オオサカ堂に移動します)

フォリックスFR12の成分

成分純水・エタノール・プロパンジオール・ミノキシジル硫酸塩・乳酸・アジピン酸ジイソプロピル・フェノキシエタノール・カプリリルグリコール・アデノシン・変性アルコール・パンテニルエチル、イノシトール・乳タンパク・乳糖・アセチルシステイン・アセチルメチオニン・クエン酸Na・クエン酸・酢酸トコフェロール・メントールクリスタル・ジブチルヒドロキシトルエン・セイヨウハッカ油・アルファトラジオール・ピロ亜硫酸Na・フィナステリド 米国薬局方・ミリストイルペンタペプチド-17・アゼライン酸・水・リン脂質・レチノール・トリペプチド-1銅・ポリソルベート80
販売元Sapphire Healthcare LLC

添加物ではなく、何らかの効果が期待されて配合されているものは以下です。

有効成分プロパンジオール・ミノキシジル硫酸塩アデノシンパンテニルエチルイノシトール乳タンパク乳糖アセチルシステインアセチルメチオニン・酢酸トコフェロール・メントールクリスタル・セイヨウハッカ油・アルファトラジオールフィナステリド米国薬局方・ミリストイルペンタペプチド-17・アゼライン酸・レチノール・トリペプチド-1銅有効成分
ミノキシジルとフィナステリド以外にも、有効成分はいろいろと入っていますね。

ミノキシジル・フィナステリドと共に、アデノシン・アルファトラジオール・Follicusanといった有効成分がどんなものか?
効果について解説します。

ミノキシジル硫酸塩(通称:ミノキシジル)

リアップスカルプD メディカルミノキ5にも配合されている発毛成分です。

ミノキシジルの効果
  • 頭皮の血行を促し、毛の成長を助ける
  • 発毛に関する細胞を増やし、新しい毛が生えるのを助ける
  • タンパク質合成を促進し、若い毛が育つのを助ける

AGAではヘアサイクルが乱れることにより、毛が元気に育つ前に抜けてしまいます。

発毛量も減るため、全体の毛量がどんどん少なくなるということです。

ミノキシジルの使用により毛の成長・発毛を促すと、少しずつ毛量が回復していきます。

フォリックスFR12のミノキシジル濃度は、リアップX5プラスという国内最高のミノキシジル濃度外用剤よりも、倍以上濃いものです。

ミノキシジル濃度が高い方が発毛効果が得られることは、リアップ発売元の大正製薬にて研究が行われています。

5%製剤は1%製剤よりも、総毛髪教および非軟毛数(太さ40マイクロメートル以上の毛髪)が有意に増えることが確認され、医師による脱毛部位の改善度評価でも、使用24週後の「軽度改善」以上の割合は、5%製剤が91.7%(著明改善2.1%、中等度改善47.9%、軽度改善41.7%)となりました。

参考:ミノキシジルの濃度による効果の違いは?

ミノキシジル1%よりも5%の方が明らかに改善率が高く、ミノキシジル5%を半年使用すると、全体の9割以上の人のAGAが改善したということ。

濃度の高いフォリックスFR12であれば、さらに高い効果が期待できます。

フィナステリド

プロペシアの主成分として有名なのが、AGA治療薬のフィナステリドです。

フィナステリドの効果
  • AGAの原因となる、男性ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)を減らす
  • DHTを減らすことにより、ヘアサイクルの乱れを整え脱毛を抑制する

AGAに対し、ミノキシジルだけ使用しても、多くの場合、脱毛量が追い付かず症状が改善しません。

フィナステリドによりDHTを抑えてあげることで、脱毛量が減るので発毛効果が見られやすくなるんです。

フォリックスFR12は、ミノキシジル+フィナステリドによる発毛促進・脱毛抑制のダブル効果が期待できます。

アデノシン

アデノシンは、元々体内に存在している遺伝・エネルギー輸送などに関わる物質。

国内で販売されているアデノゲンという商品の主成分がアデノシンです。

アデノシンの効果
  • 血行促進効果により抜け毛を予防
  • 髪を強く育てる
  • FGF-7(発毛促進因子)を刺激し、新たな毛が生えるのを助ける

0.75%配合されていれば発毛効果が期待出来ると言われています。
ただ、アデノゲンもフォリックスも配合量は不明です。

アルファトラジオール

女性ホルモンの一種で、別名17α‐エストラジオールといいます。

アルファトラジオールの効果
  • AGAの原因となる、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を減らす
  • DHTを減らすことにより、ヘアサイクルの乱れを整え脱毛を抑制する

アルファトラジオールの効果はフィナステリドの効果と全く同じです。

DHTを産生する酵素である5αリダクターゼを抑制するという仕組みも同じ。

フィナステリドにアルファトラジオールをあわせて使うことで、より強く脱毛を抑制できるということですね。

Follicusan(パンテニルエチル・イノシトール・乳タンパク・乳糖・アセチルシステイン・アセチルメチオニン)

Follicusan(フォリックサン)は、ブラジルのミルトンペルッツォ博士により研究開発された育毛化合物。

Follicusan(フォリックサン)の効果
  • 毛包など頭皮の細胞を活性化して、発毛を促進する
  • 過剰な皮脂分泌を抑制する
  • フケの発生を抑える

国内ではほとんど使用されていませんが、ブラジルなど諸外国では発毛商品に一般的に使用されている成分

ミノキシジルの補助として役立つでしょう。

トリペプチド-1銅

3つのアミノ酸がくっついたものがトリペプチド。
それに銅を加えたものがトリペプチドー1銅です。

トリペプチドー1銅の効果
  • 乱れたヘアサイクルを整え、髪の成長を促す
  • 5αリダクターゼの発生を抑え、AGAの原因となるDHTの量を減らす

抗酸化作用があるので、年齢を重ねている方にオススメの成分です。

プロパンジオール

ここからは主要成分ではないので、簡単に解説します。

プロパンジオールは植物由来の保湿成分であり、使用感の改善や溶解剤として使われています。

同じミノキシジル製剤のロゲインは、プロパンジオールではなくプロピレングリコールを使っていますが、刺激感が強く皮膚に炎症が起きることもあります。

フォリックスFR12で使われているプロパンジオールは、刺激感がほとんどなく安心して使用できますよ。

メントールクリスタル・セイヨウハッカ油

どちらもハッカを元に作られたもの。
スーッとした清涼感を与えるために配合されています。

いくらか血流改善の効果はありますが、発毛に与える影響はわずかです。

アゼライン酸

海外では、ニキビ薬として使われている成分。

毛穴に古くなった角質が詰まるとニキビの原因になりますが、アゼライン酸はそれを防いでくれます。

毛穴詰まりは脱毛の原因にもなります。
アゼライン酸は皮脂の多くなる30代以降の男性の脱毛に、良い効果が得られる可能性がある成分ですね。

酢酸トコフェロール(ビタミンE)・レチノール(ビタミンA)

どちらもビタミンの一種。

ビタミンの効果
  • 血行促進
  • 皮脂の分泌抑制
  • 新陳代謝の活性化

発毛・脱毛に対しても、様々な面から良い影響を与えてくれます。

ミリストイルペンタペプチド-17

アラニン・ロイシン・リジンというアミノ酸と、ミリスチン酸を反応させた物質。

育毛効果があり、海外のまつ毛用育毛剤などによく配合されています。

効果に対する研究などはあまりされていないようですが、まつ毛育毛に関しては効果がみられているようです。


AGAに効果が期待できる有効成分がたくさん配合されているんですね。

高濃度ミノキシジル・フィナステリドに加え、発毛促進や脱毛抑制を補助する成分がたくさん入っており、薄毛・育毛に期待出来る内容です。

フォリックスFR12の製造元はアメリカのメーカー

フォリックスは「Sapphire Healthcare LLC」(サファイアヘルスケア)という、アメリカのメーカーが製造元。

以前、ポラリスという発毛剤を製造販売していた会社と、フォリックス販売元のサファイアヘルスケアは親会社が同じで、どちらもフロリダにある会社です。

ちなみにフォリックスFR12と内容が近いのは、ポラリスNR-11。
実際に成分や添加物もだいたい同じですね。

大手メーカーというほどではないですが、ポラリスの販売実績もありますし、成分をシッカリ開示しているので良い印象です。

フォリックスFR12は、これ1本でAGAへの効果が期待大

フォリックスFR12は、ミノキシジルのみならず、フィナステリドが入っています。

ミノキシジルのみ使用した場合、発毛は促進されますが、新たな脱毛は止められません。

AGAの治療ステップ
  1. フィナステリドによりDHTの生成を抑える
  2. ミノキシジルにより発毛を促進する

新しい毛が生えてきてもヘアサイクルが乱れたままなので、強く育たず途中で抜けてしまうんです。

フィナステリドは、プロペシアなど内服剤が主流ですが、外用剤として使用しても十分に効果があることがわかっています。

外用フィナステリドに対する研究も行われており効果が立証されています。

参考:フィナステリドで強化した局所ミノキシジル:経口フィナステリド置換後の毛髪密度維持の説明

ミノキシジルだけでは薄毛対策に効果がないの?

若い男性なら発毛力があるので、ミノキシジルだけで改善がみられることもあります。
ですが最終的には、発毛より脱毛が勝ってしまうんです。

フォリックスFR12の通販・個人輸入について

フォリックスFR12って、Amazonや楽天で売っていますか?

国内で承認を受けていない医薬品のため、個人輸入でのみ購入が可能です。
個人輸入代行サイトを利用することで、簡単に購入できますよ。

リアップX5やスカルプD メディカルミノキ5は日本国内で医薬品として承認を受けているため、Amazon楽天市場などで購入できます。

一方、フォリックスFR12は国内での承認がないため日本では販売できません。
個人輸入で買う必要があります。

個人輸入とは言っても、個人輸入代行サイトを利用すれば日本語で購入可能。

オオサカ堂を利用すればトラブルもありません。

個人輸入では、4週間に1本まで(8週間以内に2本まとめ買いもOK)という購入ルールがあるのですが、実際の使用頻度から問題はありません。
注意
個人輸入で購入した医薬品は、万が一副作用などが起きても自己責任となります。
どうしても心配な方は、国内で販売している商品を使いましょう。

フォリックスFR12の使い方

フォリックスFR12って、いつ、どれくらい塗るんですか?

1回5プッシュを、朝と夜の1日2回使用してください。
高濃度のミノキシジルだからと、ケチって使うのは意味がないですよ。

あわせて覚えておいて欲しいのは、効果が出るまでには3~4か月かかるということ。

明らかな違いを感じるまでには早くても半年、人によっては1年ほどかかります。

  • ミノキシジルの効果
    3か月ほど続けると、うぶ毛が生えてくるなど少しずつ改善が見られる
  • フィナステリドの効果
    ヘアサイクルを整えるまでには半年ほどかかるので、それまでは脱毛量が今までとそれほど変わらず、あまり効果を感じられない

時間はかかりますが、フィナステリドは継続している期間が長ければ長いほど、効果が得られる確率がどんどん高くなります。

ある実験にて内服のフィナステリドを半年間服用して効果が出た人は、全体の40%。
3年半継続した場合、効果が出た人の割合は87%となっています。

参考:アンドロゲン性脱毛症患者3177人におけるフィナステリド1 mgの有効性と安全性の評価

2~3か月使って、効果がないからと止めるのは、その期間を無駄にしてしまうもったいない行為なんですよ。

フォリックスFR12は管理方法に注意が必要

フォリックスFR12は、女性や子供に触れさせないように管理に気を付けてください。

妊婦や小さな子供がフィナステリドに触ると、男性器の発達に影響が出てしまう為です。

また、女性に対する影響は全く確認されていないので、女性も触らない方が良いですね。

家に妊婦さんやお子さんがいる場合、飲み薬のフィナステリドとミノキシジルで治療しましょう。
 
フォリックスFR12の代替として、フォリックスFR15を検討してください。

フォリックスFR12の副作用。めまいやふらつきに注意

ミノキシジルは元々高血圧用の飲み薬なので、血圧を下げる作用があります。

外用剤ですので、副作用が起きるリスクは低いですが、比較的ミノキシジルが高濃度なので、副作用の可能性がないとは言えません。

可能性はかなり低いですが、一応頭に入れておいてください。

血圧低下・めまい・ふらつき

血圧低下とそれに伴う副作用です。

特に普段から血圧が低い方血圧の薬を飲んでいる方高所での作業がある方は注意してください。

かぶれ・かゆみ・赤み

ミノキシジルによる血流が良くなると、痒みを感じる方がいます。

継続することで慣れる場合もありますが、赤くなる痒みが強い場合には使用を中止しましょう。

まれに添加物が合わないことで、痒みや腫れが起きる方もいます。

生殖器障害・リビドー減退(性欲減少)

内服のフィナステリドを使用している方の、1~5%に現れる副作用です。
外用の場合には、もっと確率が低いです。

ほとんど心配する必要ありませんが、念の為お伝えさせて頂きました。

【最終評価】フォリックスFR12は、フォリックスの中で一番オススメ出来る商品です

フォリックスFR12とは
  1. ミノキシジルを高濃度12%配合
  2. DHTを抑えるフィナステリドも同時配合
  3. ミノキシジルやフィナステリドの効果を補助する成分がタップリ

ミノキシジル単体の発毛剤と内服フィナステリドを併用するのも全然OKですが、フォリックスFR12はミノキシジルとフィナステリドの使用を1本で済ませられるので、金銭面でお得。

ちなみにフォリックスFR16も、フィナステリド配合商品です。

  • フォリックスFR16…クリームタイプ
  • フォリックスFR12…ローションタイプ

フォリックスFR16は、クリームタイプなので、ベタつきやすく髪のセットがしづらいのが難点。
フォリックスFR12の方が使い勝手がいいですよ。

ミノキシジル濃度がFR16より低い点に関しても、補助成分のアルファトラジオールとフォリクサンが優秀なので、そこまで気にしなくて大丈夫でしょう。

フォリックスFR12は、ミノキシジル・フィナステリド両方の恩恵を受けられる商品。
今まで、ミノキシジル単体で効果が得られなかった方は、ぜひ試してください!
フォリックスFR12の詳細はこちら
(オオサカ堂に移動します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。